2005年06月19日

「スロー・フォト2005」開催中

SLOWPHOTO20050140.jpg


 昨日(18日)、やっと搬入が終了し、昨晩は爆睡しておりました。今回もそれぞれの個性が出た作品展になったかと思います。私自身はZERO69で撮ったモノクロームの原風景を5点発表しました。

 会期は26日まで。26日はワークショップも開催しますので、興味のある方はお越し下さいませ。

posted by みお at 07:17| 福岡 | Comment(1) | TrackBack(3) | 針穴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

日本針穴写真協会発足イベント:写真展から

 しきはんさんは、私がもっとも観たいと思っていた針穴個展のひとつでした。
 彼女が針穴を始められた頃、私のフォーラムやHOLGA de KissのBBSで投稿があり、その後もだんだん上手になっていかれる。気がつけばカメラ雑誌の月例で上位を突っ走り、凄いことになっていたそうです。「そうです」と伝聞表現になってしまったのは、私はカメラ雑誌をほとんど見ないので、うかつにも気づかなかったのでした。しかし彼女のサイトやフリッカー( http://www.flickr.com/photos/shikihans_pinholephoto/ )での作品は、彼女の原風景であり自分探しの過程のように思えました。

shikihan_0042.jpg

 ご覧のように窓にこのようにぶら下げるとは、なんという柔軟な発想!彼女はポジフィルムをホルガ改造針穴に詰めて撮る人なので、透過光で観るというのは自然なことだろうと思います。壁にもオフホワイトの布をあしらって額を下げる。凄く見せ方にこだわっておられるのがわかります。

 あとでご本人にご対面。小柄で落ち着いた雰囲気の人でした。ご本人には多少辛口のことを話してしまったけれど、この人はビッグになりそうな予感がするから。私の予感は決してあてになりませんけれどね。とても心地よい作品だったと思います。


iizawa_0074.jpg

 シンポジュームには、どこかで見た人だと思ったらあの写真評論家の飯沢先生もご出席。評論家先生のことをいろいろと書くのはあれなのでやめておきますが、でもこれは書いておこうと。。デジタル写真のことを彼はフォトグラフィーではなくて「デジグラフィー」だとおっしゃいました。その定義や深い意味について伺えなかったのですが、何となくわかるような気がします。気がするというだけで真意を理解しているわけではないので、私の勝手な勘違いかもしれません。ですから私の解釈を書くことはやめておきます。
posted by みお at 02:47| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 針穴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

日本針穴写真協会

kyoto_0052.jpg

11日と12日、京都で開かれていた日本針穴写真協会の総会、シンポジューム、針穴写真展に出かけておりました。田所女史、ポラホルガの生みの親安藤氏、Zero Imageの社長、関東でご活躍のエド氏、針穴写真で有名な作家の皆さん、昨年のフォトコンにおいて針穴で賞をおとりになったしきはん女史、ご紹介するにはあまりに長くなりますので、これくらいにしておきますが、たくさんの人たちとお会いすることが出来た2日間でした。

日本でこのような針穴写真の団体が誕生したことは、針穴写真がこれから当たり前に評価されるべき準備が整いつつあるともいえるかと思います。なぜスローフォトなのかという問題提起と今後の課題などこれから煮詰めていかなければならないのでしょう。

追々、この2日間の出来事や感想など雑文を綴りたいと思います。
しかし、移動の合間にちょろちょろと撮っただけなので、あまり写真がありませんが...。
posted by みお at 21:32| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 針穴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

毛虫恐怖症(笑)

IMG_3594.jpg

苦手な人はクリックしないように(注)D60,Tamuron 28-75/f2.8


COMPLEX CATさんや dojou7さんのところで、私の大苦手なものが出てきますので(笑)、私も便乗です。。。
私は街で育ったのでフィールドがものすごく苦手なんですね。特に毛虫は鳥肌が立ってしまうのです。このサヤエンドウをおいしそうに食べている安全そうなヤツでも、やっぱり逃げ出してしまう(笑)。てんとう虫の幼虫も安全なのだろうけれど色が奇麗だと余計気味が悪かったりして。。。

ネイチャーものは、作品として撮ることはないのですが、デジタルカメラをもっていると撮ったりして。あとで拡大しております。肌のぶつぶつ感が何とも(笑)。

ちなみにモンシロチョウとアゲハチョウの幼虫だけは触れます。って自慢になりませんね。
posted by みお at 04:52| 福岡 ☔| Comment(3) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

雑草なのだけれど


Ricoh GX MOD


 私は結構雑草を撮ってしまう習性があります。「草が好きなんですか?」と聞かれたことも。でも極論すれば、品種改良して作った花や野菜の方が奇形なのであって、雑草こそが植物の本性をもっているのではないかという気がします。したたかな命、小さな命に共感したり、混沌と無秩序に見えて宇宙の秩序そのものであるかにも思えたり。

 しかし雑草というのはなかなか絵にならないものです。もともと観賞用の植物ではないので、当然と言えば当然ですけれど。それを美しいと感じさせることができるなら、それは作品として成功しているのだろうと思っています。
posted by みお at 23:53| 福岡 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

黄昏時

Dusk


海岸の大きな岩が山の陰になって、いわば三日月状態でした。赤外線カメラで撮ってみました。これは作品としてはまとまりが良すぎるかなと思ってはいますが、赤外線らしさが出ているかと。

フィルタがコダックの#89bなので、やや赤外線効果は弱いのですけれど、近いうちにIR72くらいにしてみようかと思います。
posted by みお at 22:44| 福岡 | Comment(2) | TrackBack(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

水辺

A waterside

Ricoh GXIR


久住の黒岳登山口には、散策コースが設けられていて、その一部に地下から天然水が湧き出ている池があります。炭酸っぽさがあるのですが、炭酸水ではないらしい。すぐ近くに炭酸水の温泉があるので、炭酸が混じっていてもおかしくはないのですが、たぶん含有比率が基準に達していないということでしょうか。理屈はともかくおいしい水で、名水にも選ばれていて遠くから汲みにきている人もたくさんおられます。

そこで撮っただけなんですけれど。赤外線カメラだとかなりシュールになって面白いと思います。リコーのGXも8Mになって、いきなり4万円台で販売されていますので、お勧めと言いたいところですが、このカメラはゴーストとセンタースポットが出やすいのが欠点で、意外な場面でボツになったカットがあります。絞りすぎないこと、逆光は駄目元で撮ること。これ以外にもボツ条件があるようで、あとでアレレということがありました。普通に使った方が良いカメラのようです。シャープ製のCCDのようですが、ノイズも多いようです。ノイズ殺しをやりすぎた機種はシャープ感が減りますし、それをごまかすために輪郭強調を強く設定している機種もあります。コンパクト機は割り切って使いましょう。
posted by みお at 04:52| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

「写真の日」

6月1日は写真の日です。全国各地(といってもほとんどは首都圏)で写真のイベントが開かれるようです。

050206-003843.jpg


写真を撮り始めて、ずいぶん時間が絶ちました。長くやっていると技術だけでそれなりに完成度のある(と思われる?)ものが撮れるかもしれないけれど、「技術」は「目的」じゃないわけです。技術を見せるために写真を撮っているわけではない。写真に内容がなくても技術が優れていればそれだけで評価されてしまうこともないわけではありません。また技術が人を惹き付けることもあるでしょう。でも内容がなければいずれ飽きられ忘れ去られてしまうものだろうと。。。

上の作品はD70_No MODで撮ったデジタル赤外線写真。基本が分かっている人なら波の高い日にスローシャッターを切れば撮れることぐらい分かるでしょう。記録を超えて、被写体の向こう側にあるメッセージを伝えることが出来るだろうか?私はいつも形のないはるかなる幻影を探してみようと思っています。格好つけ過ぎでしょうか?
posted by みお at 02:14| 福岡 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。