2004年11月24日

部埼灯台 デジタル赤外線写真

ちょっと気分転換に...

部埼灯台は関門海峡を守っている灯台の一つで、何度か撮影に行ったことがあります。それより近くの廃墟が面白かったりしたのですが、今回は灯台の写真でも。



赤外線カメラで撮ると青空が真っ黒になって、これを夜景効果ともよびますけれど、それでいて白く輝く木や草が対照的で面白くなります。これは作品というより作例ですが、ここでは特に断っていなければ作品ではなくて作例です。作品というのは、自分の創作として納得できるものと個人的に定義しています。

ま、ともかく作例として参考になればと思います。なお、この画像はデジタル赤外線カメラで撮影した画像をプラグインフィルタのパワーレタッチでモノクロ化し、加えてプラグインフィルタのDigital Film Toolsの55mmInfraredでHIE(コダックの赤外線フィルム)のニュアンスを加味しています。
posted by みお at 00:39| 福岡 | Comment(2) | TrackBack(0) | infrared photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの廃墟は電気室でいまは使われておりません。だからぼろぼろ。いまはまだ、裏から回るルートしかないのですけど、そのうち、ぐるり一周できるようになります。私もよく、あの付近で釣りをしています。
Posted by Daigo at 2004年11月24日 07:33
コメントありがとうございます。あの廃墟は好きな場所なんですが、あまり整備しない方が被写体としては面白いのです。でも、それ反対っていえる立場ではないです。夏場は毛虫が多くて、大変な撮影になりますし。今のうちにあの周辺を撮っておきたいと思います。
Posted by みお at 2004年11月24日 19:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1110358
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。