2006年04月13日

裏門司の海岸にて



ND400フィルタをつけて30秒。曇り空のもと。こういった絵を狙うなら針穴が断然有利。EOS 5Dは長時間露光でもノイズは少ないのだけれど、フィルムの方が奇麗に撮れるのはなぜだろう。幻想的な絵をねつ造するなら、黄昏時や満月の夜にフィルムで撮るのが良いことはわかっているけれど、限られた時間で勝負しなければならないので、真っ昼間にNDを使ってみたりする。



いっそ、印画紙並みの感度の湿板写真でも始めようかな?紫外線にしか感光しないけれど。
posted by みお at 22:06| 福岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
また,新たなる作品が・・・
素敵です。
Posted by complex_cat at 2006年04月14日 23:03
ありがとうございます。黄昏時に10秒以上のシャッターを切ると幻想的な絵が撮れます。昔よくやったのですけれど、フィルムによっては全面ブルーの発色になって面白いものです。針穴でもちょっと面白いです。ところがデジタルではあっさりした感じになってしまいますね。極端に波が荒いか静かなときの方が良さそうですね。たまに実験的に撮ってみようと思っています。
Posted by みお at 2006年04月15日 01:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。