2006年04月16日

針穴ホルガの試作機

今までは、古いタイプのホルガを改造してきたので、大体の針穴改造方法は決まっていました。今度からニューモデルのホルガになります。実は昨日届きました。

ニューホルガは色付きフラッシュやバルブや三脚穴がついたのですが、針穴に必携なのは三脚穴です。三脚穴は本体ではなくてシャッターユニットの下についていました。ということは、シャッターユニットを外さないで針穴改造するか、シャッターユニットを外して本体に三脚穴を開けるか、という選択をしなければいけません。

060406-000057.jpg

針穴入門のチャンスを増やそうというのが、私たちの活動趣旨なので、できるだけ簡単に針穴を始められるように準備することが大切だろうと思い、シャッターユニットを残したままで改造することにしました。

上の試作機は昨日の晩にこしらえたものですが、レンズを外して針穴付き銅板とワッシャーを貼付けるという簡単なもの。周辺がシャッターメカによって蹴られないか、光線漏れは発生しないか?という不安は少しだけ残ります。何しろ経験がないもので、ウチのスタッフの後藤さんの針穴ホルガはこの方式だった気がします。

試作機は針穴をテープでべたべた貼ってますが、本番ではつや消し黒のワーシャーを両面テープで貼付けますので、ルックスは良くなります。

あとはシャッターなのですが、テープを使うか、外したレンズをシャッターに使うか?今検討中です。
posted by みお at 22:25| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 針穴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そろそろ今年のWPPDですね!!
今年は針穴HOLGA+ポラホルダーで行こうと思ってます。
改造元になる本体は旧式の120SFなのですが、三脚穴はポラホルダーの方にあるので安心です。
またフォーラムの方にも改造方法等でお世話になるかもしれません^^;
Posted by ビートルーズ at 2006年04月16日 22:38
ビートルーズさん、こんばんは。コメントありがとうございます。私もまずポラでテストして、本番に挑みます。WPPDでは毎回ポラを使用してきました。フィルムだとつい遅れて、忘れてしまいそうです。

旧式のポラホルダをフル画面に改造することもできるようです。フォーラムにはホルガ用ポラホルダの開発者様もお見えですので、どんどんご活用ください。
Posted by みお at 2006年04月16日 23:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。