2006年04月17日

平尾台





野焼きのあとなので鍾乳石がくっきりと見えます。鍾乳石を撮るアマチュアカメラマンは北九州にもたくさんおられるようで、休日にはカメラマンのグループを見かけます。雑誌の月例でも時々入賞しているようですね。私が個展活動を始めた頃、お世話になったショップのオーナーもモノクロで鍾乳石を撮っていたそうです。戦後の混乱期に慶応法学部を出たのに、写真熱が高じて写真屋さんになったそうでドイツ製の引き伸ばし機や古いカメラがゴロゴロしておりました。オーナーは既に亡くなって、その奥様って、おばあちゃんがその店を引き続き経営しておりました。店の壁はギャラリーとして使えるように設計され、昔は写真展が開催されていたとのこと。私の2度目の個展は、この店を貸していただいたのを思い出します。お婆さんは、個展をやるような人がいなくなったと残念がっておられました。いつしか店もなくなり、北九州の写真文化にとっても寂しくなりました。

上の鍾乳石は、廉価版ズームの300mmで撮ったものです。F11まで絞れば安いズームもそこそこ写ります。私は上等な望遠レンズを持っていないのですが、というより普段の撮影には要らないのですが、こういう被写体を撮るときはちゃんとしたレンズが欲しくなりますね。コンタックスのバリオゾナー100-300が欲しいこの頃。

posted by みお at 21:47| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(1) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: ゾナー怪人ゾナー(かいじんぞなー、PHANTOM ZONA)は、テレビ東京のバラエティ番組「おはスタ」で、声優の森久保祥太郎が演じているキャラクターである。通称「ゾナー」。.wikilis{font-..
Weblog: カメラっていいね
Tracked: 2007-07-29 13:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。