2006年05月21日

HDR

最近HDR(ハイダイナミックレンジ)が流行っています。
以前から知られていた技術なんですが、白飛びしやすいデジタルカメラの欠点を補完しようという試みです。

http://www.adobe.com/jp/products/photoshop/pscs2/nfh/page4.html


060520-000918.jpg


060520-000993.jpg

060520-000993+.jpg
上はカメラEOS 5Dの評価測光で撮ったもの。空が白飛びしていたので白飛びしないところまで露出を切り詰めたのが下。下は岩や木のディティールが潰れ気味で、フォトショップでシャドーを盛り上げて改善することもできますが、上下の画像を重ねあわせるほうがクオリティは良いわけです。被写体もカメラも動かないという条件が必要です。ラチチュードの広いカラーネガにはかないませんけれど、こういったテクもあるということで。
posted by みお at 06:49| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フリッカーにはHDRに関するグループがいくつかあります。HDRの合成技術を援用、(たぶん)時間差撮影などをして新しい画像を作るもののようです。確かに最初は目につくのですが、さて、この流行はいつまで続くのでしょう。

http://www.flickr.com/groups/hdr/
Posted by twin_lens at 2006年05月21日 07:23
コメントありがとうございます。レンジを広げる目的の技術ですが、時間差撮影やソフトフィルタ併用撮影などもなされていますね。インパクトを強めるとはいえ、嘘っぽさが強調されていて好みではない作品が多く見受けられます。

私的にはカラーネガ的な階調を出す程度にとどめた方が、写真としての完成度は高いのではないかと思います。気をつけないとフォトショップ依存症候群になってしまいますし、空の焼き込みが下手な人が多過ぎますね。

デジグラフィという分野でこういったいじり倒した画像を制作する人はこれからも続けて行かれるのでしょうけれど、私なんかは、こういった絵はすぐに飽きてしまいますね。
Posted by みお at 2006年05月21日 08:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

更新>布佐・木下の町並みとHDR合成+三信ビルNWS
Excerpt:  今回の更新。  まずは先日行ってきた成田線沿線の布佐・木下の町並み。駅でいうと、布佐で降りて利根川べりまで出て、そこから街道を歩いて木下駅を行き過ぎて、集落が終わったところまで。時間帯は昼過ぎ..
Weblog: 鉄道のある風景weblog
Tracked: 2007-02-19 14:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。