2006年06月14日

太陽を浴びて



デジタル赤外線作品。逆光で撮るのは博打なのですけれど、成功したようです。

参考までにEOS 5Dで一緒に撮影したものをご覧ください。

060611-001459.jpg

空が別物ですね。
posted by みお at 19:06| 福岡 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | infrared photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これ、すごいですね。
見た瞬間に思いました。
光の感じなど、特に。
まるで天使が光を纏って降りてきたみたい。(うまく伝えれらない^^;)
Posted by ビートルーズ at 2006年06月14日 21:42
初めまして! C_Cさん経由で以前から拝見させて頂いておりました!
赤外線写真原理すら理解していないですが、どうであれこのような作品に激しく憧れております。真面目に感動です♪
Posted by Lilywhites at 2006年06月14日 23:09
あ,Lilywhitesさん,来てる。
これ,すごいです。またまた,お気に入りができちゃいました。
「みおさん自選集」じゃなくて,「かってな猫選集」を一度お教えしたいです。
Posted by complex_cat at 2006年06月14日 23:20
ビートルーズさん、Lilywhitesさん、complex_catさん、コメントありがとうございます。
参考までにノーマル写真を追加しました。赤外線が描くドリーミーな世界は面白いです。ハリアナやったり、赤外線やったり、クロスプロセスやったり、本当にまとまりのないヤツですが、今後ともよろしくです。
Posted by みお at 2006年06月15日 00:39
うわっぁぁ!
すばらしいですね!
なんて光がきれいに描かれるんでしょう!
雲も空も肌も洋服も、みんな透明度が増して
はかなくて、力強い。
ものすごくきれいです。
Posted by しきはん at 2006年06月15日 00:57
見比べると空が全然違いますね。
ノーマルの物でも素晴らしいですが、赤外線の方を見た後では普通に思えてしまいます。
赤外線の方の服の透明感や暗部の描写、それとやはり空気感は何ものにも変えれませんね。
この画、かなり気に入りました。
Posted by ビートルーズ at 2006年06月15日 19:56
しきはんさん、ビートルーズさん、コメントありがとうございます。
赤外線は直進性が高いので、透明度が上がるんですね。このモデルさんがこのスカートで泳いだあとで撮りましたので、より赤外線らしさが強調されました。順光になると肌が真っ白に写ります。後日、公開します。
Posted by みお at 2006年06月15日 20:34
みおさん、はじめまして!

逆行の赤外写真に感動しました!こんな写真は見たことがありません!

これはデジタルでの撮影とのことですが、カメラは何をお使いなのでしょうか?

ただの写真好きですが、とても興味を抱いております。
Posted by ストリートラッツ at 2009年01月12日 03:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19269171
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。