2006年08月11日

VarioSonnar 28-85

vs2885-003896dpp.jpg
VarioSonnar 28-85 85mm F4開放(クリックで大きくなります)


 昔、コンタックスを使っていた頃、ズームレンズはあまり使いませんでした。理由はバカでかくて暗いことと画質を問題にするなら単焦点が有利だったからです。二つのボディにそれぞれ中望遠かマクロとワイドを着けておけば、とっさの状況にも対応できますから。

 デジタル一眼レフでは、ホコリの心配があるためズームがメインになりました。EF28-70 2.8Lもそこそこ写りますし、タムロンの28-75 F2.8も開放を除けば純正の2.8Lと比べても良い勝負をします。だからこれらの定番レンズを使っていれば間違いはないといえるのですけれども、久しぶりにでかくて重いレンズを引っ張りだしてみました。

 ツァイスレンズはひと味違う描写をしますね。EOS 5Dのファインダーではピントが少々危ういのですが、動かないものをゆっくり撮るときはなんとかなるものです。板やトタンのテクスチャが何とも言えないだけでなく、ハッとさせるものがあります。デジイチ用の常用レンズとしてよいだろうと思います。
posted by みお at 22:02| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22234323
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。