2006年08月24日

デジイチ競争の時代

7月はαの登場でキヤノンとニコンのシェアは大きく減少したそうです。αはゴミ対策とてぶれ補正でエントリーモデル中突出していますので、これからも頑張って欲しいところ。ニコンはD80のファインダー倍率で他の入門機と差をつけようとしていますが、ファインダーは一眼レフの命とも言えるだけに善戦するでしょう。

キヤノン、センサーのゴミ対策を施したエントリー向けデジタル一眼
「EOS Kiss Digital X」〜有効1,010万画素CMOSと2.5型液晶を搭載
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2006/08/24/4464.html

キヤノンが黙って観ているわけがないと思ったら、案の定、ライバルの動きを見て新モデル投入。ゴミ対策をしたこととCFを採用していることを評価します。

どれを買っても大はずれしないと思いますけれど、私は当面静観します。しばらく、あっちの方で物入りなもので(笑)。キヤノンさんはもう一台フルサイズ機(7D ?)を投入しそうな気配がありますし、陳腐化が早い世界でもありますし。

私が気になっているのは
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2006/08/24/4456.html
の方だったりします。なぜって、デジイチでは撮れないものがあるからで、携帯性と画質を考えたコンシューマながら、ファインダを捨てていないところにカメラメーカーの心意気を評価します。
posted by みお at 20:40| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
このコンデジいいですね。
先日ライツミノルタCLを購入し、指の引っ掛かりの無さに躊躇しています。
今はスメ8の底ケースを改造して取り敢えず的にグリップ感を増しました。
小さいこと、ファインダーで確認出来ることが当たり前になっていると、
液晶モニターだけだと味気なさがいっぱいです。
GR Digitalに(外付けではない)ファインダーがあれば買っていたかも知れません。
それを買わずにRicohのXR500なんぞを購入してしまいましたが..。
話が逸れてしまったところで。お邪魔様でした。
Posted by 紫暮 at 2006年09月03日 12:14
紫暮さん、どうもです。
GR-Dは歪曲収差が少ないことで評価されていると思いますが、電池は単3で、ノイズ処理を含めキヤノンは上手であること、カメラのことをわかっているユーザー層に対してまじめに応えたカメラであること等において、キヤノンの方を応援したいと思います。ただ肌色が黄色く写りやすいのは、キヤノンの家風なのでしょうね。

ライツCLの時代はグリップという発想がなかったのですが、確かに持ちにくいですね。厚いラバーを貼付けられた中古機を見たことがあります。
Posted by みお at 2006年09月03日 21:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22760558
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。