2005年03月10日

リスプリント2

In an amusement park of the ruins


 廃墟になった遊園地の子供用自動車。この廃墟は自宅からクルマで15分のところにあったのでよく通いました。フォクトレンダーのプロミネントIノクトン開放で撮影。

 久保さんのコメントにもあるようにこのプリントの凄さは生でなければわからないところがあります。首都圏の人はいろいろなプリントを生で見る機会が多いでしょうが、九州でリスをやっている人の話は聞いたことがありません、暗室本にも書かれることはほとんどありません。実は、私も自分のプリントしか見たことがないのですね。オーストラリアの雑誌「Black + White」で見たのが最初でしょう。この雑誌は世界中の優れたモノクロ作品を紹介しているもので、印刷もかなり上質なのですが、九州では博多の丸善でしか買えません。地方に住んでいると情報が少ないんです。それでもこの雑誌でびっくりしてネットで探したらご本人のページがあって、それからリスプリントの文献を数冊(全部英語)購入して実験してみたのでした。

 印画紙の画像が出始めるとまるで爆発するかのように濃度が上がる。色合いは現像液と印画紙の組み合わせによって決まる。新液よりやや疲れた現像液の方が色合いが良いような気がする。こんなところでしょうか。
posted by みお at 21:32| 福岡 ☁| Comment(5) | TrackBack(2) | 銀塩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。プリントの美しさってありますよね。気合いの入ったネガカラープリントぐらいしか,まともなプリントは知りませんが,それでも素晴らしいものですね。
 ネガからのスキャンが多くなりましたが,みおさんの世界はプリントが基本でなければ成り立たない世界かとおもいmした。
Posted by complex_cat at 2005年03月10日 22:29
complex_catさん、どうも

プリントを焼く作業は工芸のようなもので、データを取っていてもまったく同じものは二度と焼けません。そのときどきの気分とかによって上がりが微妙に違います。同時に続けて同じものを焼いても微妙に違いますから、ARTの「技」の部分があります。どうしても焼けなかったプリントが数ヶ月後にはすんなり焼けることもあります。そうやって紙の上に描かれたものはフォトショップで操作したものとはやはり違うと思います。上のリスプリントの感覚をデジタル操作でも作れるかもしれませんが、アナログで全神経を集中して得たものとは違うのではないかと思います。

デジタルは頭のなかで、もっといえば左脳の部分で絵を作るのに対して紙焼きは全身で絵を作るといえば理解しやすいでしょうか?私にとって作品は紙の上のものだと思います。
Posted by みお at 2005年03月11日 01:32
九州は熊本でリスやってますよ。
7月に写真展(販売会?)を阿蘇で仲間とやるので見に来てください。
Posted by shinkawa at 2006年05月17日 10:40
shinkawaさま
はじめまして。九州のお仲間!嬉しいです。
ぜひ都合をつけてうかがいたいと考えておりますので、詳細をお知らせください。
Posted by みお at 2006年05月17日 19:36
みを 様               みを様のすばらしい作品を見て、私もやってみようと思い現像液をメーカに問い合わせたところ,フジが現在販売しているのはタイプTという液体のものだけといわれました。みを様もこの現像液を使用していますか。教えてください。 
Posted by fukushima at 2007年03月08日 15:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Original Voigtlander Nocton 1.5/50 その2
Excerpt: Original Voigtlander Nocton 1.5/50(Prominant用)を着けたMINOLTA CLEです。Prominantは,贅を尽くしたカメラで特に,IIの等倍ファインダーな..
Weblog: COMPLEX CAT
Tracked: 2005-03-11 10:09

Original Voigtlander Nocton 1.5/50 その2
Excerpt: Original Voigtlander Nocton 1.5/50(Prominant用)を着けたMINOLTA CLEです。Prominantは,贅を尽くしたカメラで特に,IIの等倍ファインダーな..
Weblog: COMPLEX CAT
Tracked: 2005-03-11 10:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。