2006年09月19日

これはもうライカ判ではないM8

m8_05l.jpg
ライカ、“デジタルM”を発表


 留守をしている間にライカのMデジタルが発表されました。ライカの動きは今後の写真業界に大きな影響を与えると思われるので、デジタル対応レンズの発売や改造情報等にも注目しておりました。賛否が大きく分かれる内容のMデジタルが発表されたと言って差し支えないでしょう。

 ライカと言えばムービー用フィルムを使用して135というフォーマットを開発し普及させたメーカーです。つまりパトローネに入った35ミリフィルムはライカ判とも呼ばれ、写真の普及に貢献したことは間違いないでしょう。しかし、M8の画面サイズは、ライカ判より小さいので、ライツ自身によるライカ判の終焉を宣言したものとも受け取れます。もちろん、現段階ではフルサイズは難しかった、つまり過渡期のフォーマットとしてライカがデジタル時代に乗り遅れないために製品化したとも考えることもできないわけではありませんが、どうなのでしょう。

 私はMデジタルはM−D1のようなネーミングで登場するのだろうと想像しておりました。というのもM8では今まで培ってきた銀塩システムを放棄することに等しいとも受け取られかねないからです。私たちにもうフィルムカメラを開発しないと言っているような印象を与えてしまうでしょう。

 巻き上げレバーのないライカ。シャッターが機械式ではないということで、耐久性などのライカの特徴や撮影のリズム感などは味わえないということでしょう。

 デジタル時代のライカレンズ。ライカレンズにはクセ玉が大変多いのですが、それを味として楽しむことができたのはフィルムだったからだという意見があります。実際デジタルでは解像情報をもとに画像処理エンジンで画像を作り上げるため「味」の要素はスポイルされてしまいやすいのですが、古いライカレンズがどんな「味」を見せるかは未知数ですね。
posted by みお at 23:25| 福岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ライカがM型でデジタルを出してくるなんて露ほどにも思ってなかったもんで、これを知ったときは目が点でした^^;
ライカ判かぁ、そういやそうでしたね。
デジではライカ判とは言えないか・・・。
もうフィルムのM型ではライカもやっていけないのでしょうね。
中古市場で物が回ってるだけでは儲けがないってことかな^^;
Posted by ビートルーズ at 2006年09月19日 23:53
ビートルーズさん、こんばんわ。
デジタルはまだ過渡期の製品です。フルサイズにできなくても仕方がない部分もあると思うのですが、そうならばRデジタルと同じように裏蓋交換式(デジタルモジュール方式)で出して欲しかったとも思います。

フィルムライカで商売にならなくなっているのはわかります。だから名前だけのOEMで小銭を稼いできたというのもわかります。でも名前を売ってライカの信用を失ってしまうということもあるでしょう。フルサイズ、つまりライカ判のMデジタルが完成するまではフィルムと並行してやって欲しかったと思います。

いろいろな意見があるでしょうし、ローパスフィルタを使用しなかったことなど評価したいと思いますけれど、従来のライカファンにとって否定的な意見が多いだろうと思います。もっとも戦場の人物を撮るカメラマンは使うと思います。
Posted by miotan at 2006年09月20日 00:21
こんばんは。
一瞬ライカがヘキサーRFになってしまったのかと思いました。ここでM8と云うことは、M9は出ないと云うことでしょうか‥。次のMが出たら予約して買ってやろうと小銭を貯めていたので、ちょっと残念です。

個人的にはデジイチを買った方が身の為かも知れません。売れ残りE-300を狙っていたりします。
Posted by 紫暮 at 2006年09月28日 02:08
Mシリーズのなかにデジタルを入れたということでM8になった。これで終わりということはないでしょうが、M9はフィルムなのかデジタルなのか?

ライカは高いけれど一生モノとしての価値があったと思います。この意味で過渡期のものをこのような形で製品化してしまうと無理をしてまでも購入したいとは思わない人も少なくないでしょう。

シグマが一眼用のCCDを使ったコンパクトを発表しましたが、ファインダーがないということは眼をつぶって、こういった流れが増えることを期待したいと思います。ライカの代わりになるデジが登場するのはかなり先になりそうですね。
Posted by みお at 2006年09月28日 08:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24024962
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。