2005年10月13日

『宙(SORA)』

九州電力(株)から出版されています「女性のためのエネルギーマガジン『宙(SORA)』(2005.9 vol.5)にスロー・フォトの代表者とその作品、愛用のハリアナカメラ等の記事がでております。
って、ひとごとみたいですが、私であります(笑)。

http://www1.kyuden.co.jp/company_booklet_sora_05
ここで記事をご覧いただけますが、私のMacでは表示されません(涙)。
針穴写真の原理やなぜハリアナなのかといったことも少し書かれています(要約するのが大変だったと思います)ので、九州方面の方は実物をご覧になっていただければと思います。

載っている作品は以前にもここでご紹介した次のものです。

a forest
posted by みお at 23:43| 福岡 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 針穴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
噂の雑誌読ませてもらいました^^
Winですが、Firefoxではダメだったので、IEで見ました。
記事とは関係ないですが・・・WebBookってちょっと便利だと思いました。

さて、スローフォトについて。
針穴の大きさによるコントラストやシャープさの関係など、初心者には易しい内容でしたので、読みやすかったです^^
次回は赤外線撮影について語ってもらいたいです^^
針穴で赤外線撮影とか無理なのかな?って思っちゃいました。
Posted by ビートルーズ at 2005年10月14日 02:29
ビートルーズさん、ご覧いただいてありがとうございます。
穴のサイズと描写については正確さを欠くのですが、難しく専門的にやっても一般読者には面白くないと思って、障り程度にしか振れていません。

赤外線針穴
http://www.flickr.com/photos/slowphoto/2873281/in/set-66419/
http://www.flickr.com/photos/slowphoto/7025141/in/set-66419/
こんなのはいかがでしょう。今は亡きコニカの赤外線フィルムで撮影。これからはMaco IRで撮ることになりますが、データを作成しないといけないので、まだ時間がかかりそうです。
Posted by みお at 2005年10月14日 19:15
おぉ〜やっぱりあるんですね、赤外線針穴。
赤外線の不思議な世界と針穴の不思議な世界が出会った感じが良いと思います。
Maco IR・・・フィルムの名前ですか?^^;
赤外線の世界はわからないことだらけですが、自分では手を出さない世界ということにしておきます(笑)
Posted by ビートルーズ at 2005年10月14日 21:21
Macoは中判赤外線フィルムを発売している唯一のフィルムメーカーです。値段が高いのと高感度でかぶりやすいのが欠点ですが、粒状性や赤外線域の感度の高さではトップだといえるでしょう。

このシュールな絵柄を撮りたいと思ったら使うしかないわけで、フィルム現像の難しさもなんとか克服したくなります。万人向きではないことは確かです。
Posted by みお at 2005年10月14日 21:48
フィルム情報どうもですm(__)m
赤外線という特殊な中判フィルムは高そうですね^^;

少しずれますが、フィルムの特性を生かした作品を撮ろうとしても、富士のvelviaやAGFAのULTRAのように特徴のあるフィルムがなくなると寂しいですね。
KodakのKodachromeも昔は中判のラインナップがあったそうですし。
このフィルムメーカーにも頑張ってもらいたいものです^^
Posted by ビートルーズ at 2005年10月15日 08:19
フジはまだやる気があるようです。しかし、感材部門を子会社に移管してしまいましたので、デジタルがメインということでやっていくのでしょう。コダックは危ないですね。

従来からの写真が好きな人やプロの現場ではフィルムを使いますけれども携帯カメラの普及が「写ルンです」を売れなくしましたし、コンパクトズームで十分だった人はフィルムをほとんど使わなくなりました。市場を支えてきたのはコンシューマだったのだと改めて認識させられた感があります。

感材メーカーには値段が高くなっても良いので続けて欲しいものですね。
Posted by みお at 2005年10月15日 13:24
雑誌の方,何とか手に入れたいと思いました。
最近のみおさんのブログフォローできておりませんでしたが,ようやく拝見できました。
Posted by complex_cat at 2005年10月22日 21:05
九電の営業所や官公庁関係で手に入ると思いますけれど、発行部数の割に手に入れにくいかもしれません。役所時間は仕事している人が多いですから。サイトのbookはMacの4種類のブラウザでは駄目でした。ライター/編集者の方はMac使いなのですけれどページ作成者は窓なのかもしれません。

でも拝見していただけて嬉しいです。ヨイショされ過ぎの感があって、コッパズカしいので、ブログにのせるのも後回しになっておりました(笑)。

私の方こそ、皆さんのブログへのコメントが滞りがちで失礼しております。
Posted by みお at 2005年10月22日 22:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。