2004年10月26日

LOMO LC-A その3

LOMOグラフィの楽しさは、やはりデフォルメされた色合いにあるのだろうと思います。そして後ろボケがゴッホすることもある。トイカメラというには写り過ぎ。でもちゃんとしたカメラとは違うもの。そして誰もが手軽に楽しめるのがロモグラフィに違いありません。

lca3

私が撮るとなぜかシュールな絵になるなぁ(笑)

lca4

しかしこれからロモグラフィはどこへ向かうのだろう。ロモグラファーの皆さんには、頑張って新しい表現世界を見せて欲しいと思います。一過的なブームにしてしまうのはもったいないムーブメントのひとつなのですから。
posted by みお at 20:16| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | Toy(HOLGA) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/894783
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 色などにおいて重要な要素である。色(いろ)は、可視光線の組成の差によって質の差が認められる視覚である色覚、及び、色覚を起こす刺激である色刺激を指す。色は視覚を通して得られる感覚の一種ある色は、「形状」..
Weblog: コンピューターグラフィックス
Tracked: 2007-12-07 06:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。