2006年07月24日

ユカリン 7.23

060715-000750.jpg


ユカリンはまた「やっぱり、私、消える。私、取り柄もないし、存在価値なんてないし、先生にはふさわしくないし。。。」と言い始めた。とにかくクルマで駅まで送ることにした。クルマの中で「私と結婚してもあなたは消えるのですか?」「消えない・・・」。

÷÷÷÷


ユカリンは私のモデル兼クライアント。しかし、常連の方はお気づきのとおり、6月24日以降「私写真」としてユカリンを撮るようになっています。「私写真」は私の作品スタイルにはなかったもので、どのようにこれをまとめるべきなのかについて迷いもあり、ここに掲載するのもどうかと考えておりました。いったん掲載を打ち切り、他の独立したブログに書いた方が良いでしょう。写真の話ではなくなっていますから。
posted by みお at 22:14| 福岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ユカリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

ユカリン 6.29

060715-001111.jpg


彼女は、何度も子供のように泣きじゃくった。
「私、消えるよ。先生に迷惑かけているから。」
「私のために消えないで。あなたは『先に死なない』と言ったじゃないか。」

この日を最後に、彼女は「死にたい」とか「消える」とか言わなくなった。泣きじゃくることもなくなった。
posted by みお at 07:39| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ユカリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

ユカリン 6.26

060715-001080s.jpg


ある晩、彼女は泣きじゃくりながら私に言った。
「私、先生より先に死なない。だから、家において。」
posted by みお at 23:58| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ユカリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

3連休も終わり

無事に帰還しました。

060715-000276.jpg

お天気に恵まれ、撮影ロケも●○も無事に終わりました。初日は阿蘇へ、大観峰ではパラグライダーが気持ち良さそうに飛んでおりました。阿蘇白川駅はメルヘンチックな駅舎で中にはわんちゃんが涼をとっておりました。熊本県南阿蘇村で開催中の写真展にお邪魔し、皆様の素敵な作品を楽しんでまいりました。ネット上には登場されないけれども頑張っておられる人とお話しするのは楽しくて、時間が経つのを忘れてしまいます。

二日目は、湯布院のいくつかのギャラリーをまわったりして心の充電。「空想の森美術館」(私はここのフォト館が好きでした。)は7年くらい前に潰れて新たなアートスポットに生まれ変わっていました。面白い空間でしたが、またの機会に断片を紹介しますね。「わたくし美術館」も普段着のアートを楽しめる楽しい場所でした。ここに最初に訪れたとき(10年以上前)は、新聞記者H氏と二人だったのですが、彼の質問の仕方が取材風だったので記者であることがバレてしまったことを思い出したり。もちろん取材で訪問したのではなかったのですけれどね(笑)。わたくし美術館の中で、ユカリンはすっかり子供になっていました(笑)。ユカリンを見る
posted by みお at 20:56| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ユカリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

明日はロケ

だというのにまだ起きているのは、遠足が楽しみで眠れない小学生の気分に似ている。とはいえお仕事でもあるのだが、それだけでは済まないところが、とわかる人だけにわかることを書いておく。(笑)

kokuragion_0002.jpg

小倉は祇園祭でにぎわっている。私は町衆ではないので傍観者ではあるが、毎日聴こえてくるリズミカルな太鼓の音は心地よい。そこに住んでいる人たちは大変だと思うけれど。

それよりもなによりも明日のことが。。。実は、今度からモデルのユカリンにも写真の手ほどきをしようという魂胆があったりする。撮る行為を体験してもらうことで、モデルとしてのスキルアップをしていただこうというわけである。買ったものの使っていないキヤノンのG5がある。たったの5MPで最近の流行から見れば、スペックはたいしたことないけれども、撮れる絵はかなり良い。レスポンスもなかなか良くなっているし、RAWの書き込みも実用レベル。サイズが大きいのが難点だけれど、写真のイロハを一通り学習できるだけの機能は備えている。G6を最後にGシリーズがなくなったのは残念だと思う。レンズ交換できなくてよいから、ライカの代わりになるデジタルカメラが欲しいという層は存在すると思うのだけれど、ローコストデジイチが出た今となっては価格が競合してしまう。

湯布院/久住/阿蘇で挙動不審なバカップルを見つけたら私たちです。石を投げないように。(笑)
posted by みお at 00:45| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ユカリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

ユカリンと会ったのは

6月4日のことだった。もうすぐ日が暮れる夕刻、携帯電話が鳴った。何度かモデルになっていただいたカナピンからだった。「nudeを撮って欲しいと言っている子がいるのだけれど....」と言う。とにかく会うことにした。ファミレスであった彼女は顔が小さくて、とても痩せていた。膝も小さかった。「とにかく撮って欲しい。今の自分を記録したい。できれば毎週撮って欲しい。」何が彼女をそうさせているのかは書かないが、気持ちは理解できるし、私も作品を撮りたかったので「撮ったあとの処理に時間がかかるので毎週は無理だけれど月に一回なら...」と返事した。

060611-001420.jpg


 最初のロケは6月10日だったが、前日の夕刻に電話がかかった来た。「先生、私、怖いの。会って欲しい。」私は会うことにした。彼女はアレルギーで蕁麻疹が出ていた。そして彼女の話を聞いて、翌日の撮影場所を北九州に変更した。

 以来、週末になると彼女は新幹線で他県から訪れるようになった。6月以降に発表したスレンダーな人は全てユカリンということになる。それにしても私の画像処理が追いつかない。
posted by みお at 00:00| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ユカリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

紫陽花

060708-000205.jpg
μ720SW


 6月の花だけれどなぜか撮る時間もないまま、7月湯布院のギャラリーで撮影しました。花言葉は「移り気」。「今日、紫陽花?」という使われ方もする?

060708-002450.jpg


 こちらはユカリンのポートレート。顔は出さない方針なので上をカットしています。子供の顔と大人の女の顔をもった不思議な子です。この日はモノブロック2灯と2kWのタングステン(ドーム付)を用意したのだけれど勝手に動き回るのでモノブロックでは無理と判断し、タングステンとカメラのAEで撮りました。EOS 5Dの感度1600は意外に使えるものですね。条件が悪いときレンジの広いカメラは役に立ちます。
posted by みお at 01:07| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ユカリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

ロケ袋

 昨日、彼女といつもの海岸へ行きました。この付近では、かなりきれいな海でお気に入りの場所です。私はいくつかのお気に入りのロケ場所をマークしていて、お天気やモデルさんの体調などを考えて、複数の場所で撮影をしてきました。しかし、移動に時間がかかるのが悩みの種。

「 今日は「・・・」の方が良かったかな」というと、彼女はポケットからいくつかのビニール袋を取り出しました。ビニール袋には私のロケ地の写真が入っていました。「どれにする?」。私はお気に入りのひとつを選んで「ここがいいね」。彼女は、袋からその写真を取り出しました。すると今までいたはずの場所が、その写真の場所になっていました。他の写真を取り出すとその場所になる。「なんて便利なロケ袋なんだろう。」。

 しかし、今朝、彼女からの電話で目が覚めました。夢だったのがとても残念。ちなみに彼女はドラえもんではありません。でも、誰か開発してくれないかなぁと。。。
posted by みお at 02:06| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ユカリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

ロケから

060610-000259.jpg

 今度のモデルさん、自由に動き回ります。中判では動きを追えないのでデジイチで撮っているわけですが、マジで追っていると今までの私のスタイルとは別物ばかりになってきます。それもアリだと私は思っています。というのもいろいろな可能性を探してみたいから。
posted by みお at 00:49| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | ユカリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。