2006年06月11日

ロケが無事に終わりました

060611-001472.jpg


SINFONIETTAシリーズ用のロケに行っておりました。今回は全てデジタルで撮影。まだRAWを読み込んでいる最中ですので、これはほんのさわりです。原画を見る
posted by みお at 22:52| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

絵を描くということ 2

 昨日は、ある女性の電話がきっかけで、絵を描くということについて少し書いてみました。絵を描くとあなたの知らないあなたを自分で発見する可能性があります。何を描くか、静物なのか、人物なのか、風景なのか、もっと抽象的な何かなのか。対象を選ぶ段階であなたの無意識は何らかの働きかけをしているでしょう。ややこしい話はこれくらいにして、ミカンが怖いという人のミカンの絵は他の人のミカンとは違うものになるというくらいに思っていただければと思います。精神医学の分野では絵描きを心理状態の分析やセラピーに応用できるわけです。

 写真を撮っても、撮影者の感じていたことや気持ちが写っているもので、写真はただの具象(事実認識)ではないでしょう。そこが面白いのですが、それを積み重ねて行くと世界観のようなものが見えてくることがあるかもしれません。とにかく数を撮ることを私はお薦めしています。

 一方で、絵描き修行もやっておくと、何を、なんのために、どのように表現するかというアートの部分も磨きがかかるかもしれません。いろいろなスタイルがあってよいのですけれど、何を表現すべきかをわずかでも気づいている人は、説得力のある作品を撮れるのかもしれません。

 お前はどうなんだ? なんて聞かないでください。自分のことを一番知らないのが自分なのですから。

 雨の日の雑談でした。
posted by みお at 01:21| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

絵を描くということ

 今日、ある女性から電話がありました。

 「私、子供の頃、絵が好きだった。それを今日思い出した。もう一度、絵を描いてみようと思う。」

 「絵を描くと自分が見えてきますよ。自分の中の曖昧で混沌としたものが絵の中に見えてきます。」

 「それ、怖い。でも描いてみる。」

 彼女は、子供の頃に性的虐待を受けています。そのため、心の治療を受けています。過去の記憶の一部がなくなっているように見えるのですが、でも今日は絵のことを思い出したようです。自分が見えるということは、つらい記憶も一緒に受け入れることかもしれません。残酷なことを言ってしまったのかもしれないと後悔しました。これ以上のことは書けない(書いてはいけない)けれど。。。

 絵を描くことは、描く対象に対する気持ちや記憶や感情を表現することでもあります。彼女の場合、思い出したくない、無意識の奥底へ沈めてしまったはずの記憶が戻ってくるかもしれません。私は精神医学について素人なので、深入りしてはいけないのです。

 写真を撮ることも実はこれとよく似ているわけで、フォトセラピーとして写真を考えることもできるのだろうと思います。

   ●

 私は大学時代にたまたま河合隼雄先生のユング心理学に興味をもったし、彼の本をたくさん買い込んで勉強もしました。ユング心理学は、ユング研究所で自らカウンセリングを受けないと研究者として認めてもらえません。無意識の世界を神話や物語、夢などを素材に分析しようとするのですけれど「我々は解釈するのみであって、理解するのではない」という言葉はとても重く感じられます。私にはユングはわからなかったけれど。

 社会人になって精神医学の先生と話をする機会があって、医学の現場と心理学の現場は大きくかけ離れていることを知りました。理系と文系の違いなんて、簡単に割り切れないのですけれど。どちらにしても「心」は得体の知れない存在。

   ●

 ちょっとしたことで、いろいろなことを思い出したりしました。彼女が絵を描くことがセラピーになると良いのですが。
posted by みお at 01:20| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

アクセス解析-2006/05-

アクセス解析ってほどのものではありませんが、5月分をちょっと調べてみると次のようなことになっています。

 サーチエンジンでお越しになった方のキーワードベスト100です。本文に対応するのは当然ですが、赤外線やアンジェニューがやや多いような格好になっています。ネット上にこれらのキーワードを含むページが少ないからでしょうね。続きを読む
posted by みお at 21:59| 福岡 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

今日の栄養素は。。。

今日も一日の食事のバランスをチェック。エネルギーの必要量は標準体重と運動量を基準に算出されているので、標準体重より2割ほど軽い私はx0.8で良いはず。しかし、私が太らないわけがわかりますね。成人病からは遠いので、良しとしましょう。

栄養素名 単位 推奨量 目標量 上限量 摂取量 過不足(%) 過不足(数)
エネルギー kcal 1700 − 1055 -37% -645
たんぱく質 g 60 − 35 -41% -25
脂質 g 37〜47 − 28 − −
炭水化物 g 212〜297 − 165 − −
ミネラル ナトリウム mg − − 3435.55 − −
カリウム mg 3100 − 3081 0% -19
カルシウム mg 600 2300 459 -23% -141
マグネシウム mg 350 − 264 -24% -86
リン mg 1050 3500 449 -57% -601
鉄 mg 7.5 50 6.33 -15% -1.17
亜鉛 mg 9 30 2.25 -75% -6.75
銅 mg 0.8 10 0.57 -28% -0.23
マンガン mg 4 11 3.41以上 ---% ---
ビタミン レチノール μg − − 42 − −
カロチン μg − − 3892.05 − −
レチノール当量 μg 700 3000 687 -1% -13
ビタミンD μg 5 50 0 -100% -5
ビタミンE mg 9 800 504.51 5505% 495.51
ビタミンK μg 75 − 199 165% 124
ビタミンB1 mg 1.1 − 1.58 43% 0.48
ビタミンB2 mg 1.1 − 2.05 86% 0.95
ナイアシン mg 11 30 16 45% 5
ビタミンB6 mg 1.4 60 60.48 4219% 59.08
ビタミンB12 μg 2.4 − 4.27 77% 1.87
葉酸 μg 240 1000 287 19% 47
パントテン酸 mg 6 − 4.91 -18% -1.09
ビタミンC mg 100 − 83 -16% -17
脂肪酸 飽和脂肪酸 g − − 9.82 − −
一価不飽和脂肪酸 g − − 10.21 − −
多価不飽和脂肪酸 g − − 4.5 − −
コレステロール mg − 750 41.46 − −
食物繊維 水溶性食物繊維 g − − 3.81 − −
不溶性食物繊維 g − − 7.77 − −
食物繊維総量 g 20 − 18 -10% -2
塩 食塩相当量 g − 10 8.73 − −
posted by みお at 22:27| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

携帯で赤外線写真

060601-000002.jpg

2mpのケータイ電話内蔵デジタルカメラにHOYA R72を押しつけて撮ってみました。
ま、とりあえず写るけれど、これは使えませんね。最新の携帯だと少しは良くなっているかもしれませんが、安いコンデジの性能を考えるとやっぱりだめだろうと思います。二度と試さないでしょう。コンデジもCCDのサイズが大きいタイプで、赤外線カットフィルタが弱い製品ならなんとか使えると思います。
posted by みお at 19:59| 福岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は「写真の日」

angeniuex-000711.JPG
Angeniuex 35/2.8


6月1日は写真の日。
 1841年の今日、長崎の蘭学者であった上野俊之丞が日本で初めて写真を撮ったことを根拠に社団法人日本写真協会が6月1日を「写真の日」と制定しました。その後の調査の結果、日本の最初のダゲレオタイプの成功は1857(安政4)年9月17日だということがわかったそうですが、日本写真協会は6月1日のままでいくことにしたとか。

 今の私たちにとって写真のない生活はありえないわけで、私たちは1日に数万もの写真を見て生活しているのだそうです。ほとんどの写真はメディアによって大量生産されるものや電車の広告などですけれども、それだけにメディアとしての写真は認知されているわけですが、アートとしての写真については少数の写真作家だけの領域に収まっているような気がします。最近、ロモグラフィやホルガや針穴写真が流行し、徐々に表現するための道具としての写真が認知されるようになってきたのは、私にとって嬉しいことです。


続きを読む
posted by みお at 00:00| 福岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

明日は、スーパーマンの日

ですね。マリリンモンローの誕生日でもある。チーズの日でもあり。衣替え。

DSC_1354.jpg


私たちフォトグラファー(写真を撮る人)にとっては「写真の日」。日本で初めて長崎の蘭学者が写真を撮った記念すべき日なので、私たちも写真を撮りましょう。身近なもの、人、何でも良いです。
posted by みお at 02:34| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

英彦山の森にて

DPP07D6051E161D53.jpg
Yashica ML 28-85


 久住の山はほとんどゴミがありません。森の中に入って、ゴミがあるとすれば杉林の中くらいでしょう。杉林に登山客はあまり入らないし、環境庁や営林署の人たちもゴミを捨てるとは考えにくい。

 以前、由布岳の森と草原との境界に道ができたとき、森の中にコンビニ弁当の容器やビニールなどが捨てられていました。道を造った作業員にマナーを知らない人がいたのだろうと想像しています。本当に自然を愛する人は決して自然を汚さない。これが当たり前のことだし、私はこれを信じています。

 上の写真は、英彦山の杉林の中に落ちていた一升瓶。普通の人はもちろん、登山客も立ち入らない場所です。誰が捨てたのでしょう。

続きを読む
posted by みお at 23:07| 福岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

ある写真屋さんの倒産 つづき

060527-001004.jpg

 写真館のボール箱からこのようなルーペが出てきました。写真修正のときなどに使うルーペ。ライトボックスの上にモノクロのネガフィルムを乗せ、修正ニスを軽く塗ってから尖らせた8Hの鉛筆で小じわやほくろや毛穴を潰します。やりすぎると皆つるんつるんの卵顔になってしまいます。小学校や中学の卒業アルバムは、修正過剰のオンパレードでした。白黒時代、写真館の善し悪しの基準のひとつは修正技術だったりしました。私も昔練習しました。当時の写真館の温黒調の人像印画紙に温黒調の現像液を組み合わせたプリントは、団塊以上の世代なら知っておられるはず。私は一見眠そうなこのプリントが好きだったので、今でも温黒調にこだわっています。

 私が写真を始めた頃は白黒が普通で、既にカラーフィルムもあったけれど、多くの人は暗室をやっていました。そんないろいろなことを思い出したりしました。

 このルーペの下でたくさんのポートレートや証明写真が作られたのでしょう。これは私のピンホール製作用に活躍してもらう予定です。
posted by みお at 23:47| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

ある写真屋さんの倒産

060527-001003.jpg

昨年だったか、北九州のある写真屋さんが倒産したという噂を聞いていました。その写真屋さんは早くからネット上でも商売を展開。写真館、DPE、機材販売などの仕事をし、いくつかの支店もありました。

今日、ある友人からこの写真屋さんに残っている品物の処分をしているという電話があり、散髪の予定を変更して伺いました。お金になるものは既に競売で売られているので、残っているものはわかる人だけにわかる品物ということになります。そうは言ってもノーリツのラボ機や薬品、業務用のスライドマウント機、額やマットやポートフォリオ、たくさんのポラフィルムやフィルム。照明写真用のポラカメラもゴロゴロ。照明機材、スタジオ用のカメラスタンド。引き取り手のなかった写真。そして撮影用の衣装等々。ものすごいゴミ、いやお宝の山になっていました。続きを読む
posted by みお at 22:34| 福岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同情するなら...

051210-000183.jpg

餌をくれ!

 北九州市小倉南区の運動公園に住み着いている猫たち。元は飼い猫だった個体が多いようで、ヒトを見ると餌をねだる。餌を与えるヒトも多いのだろう。
posted by みお at 13:15| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

栄養/カロリーは足りているかい?

私はダイエットをやっているわけでもなく、スポーツやダンスをやっているわけでもないのに肥満度は−20前後。ウエスト64センチ。体重は献血基準に達しない。と、スリムなんですけれどね。

昨年、足を痛めてから、栄養バランスのことを調べるようになりました。他に健康法とか、まともなものから怪しいものまで、調べてみたりしています。

最近、栄養バランスをチェックできるサイトを見つけました。
http://www.miwa-mi.com/project/calorie/index.html

http://www.miwa-mi.com/cgi-bin/project/calorie/cgi/start.cgi
にアクセスして、食べたものを入力すれば、結果が分かるという素晴らしいサイトです。
次は、今日の私の成績です。
ピンク色の栄養素が足りていないそうな。ミネラル系ですね。
060525eiyokal.jpg続きを読む
posted by みお at 20:21| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

同じ職場で働いていた洋子です。

私の事を覚えていますか?
でも、8年前の話ですし、あまり話もしなかったので記憶に無いかもしれませんが…。
同僚の斉藤さんから雄二さんのアドレスがこれmio@ii.otoko.or.jp(←これは実在しないアドレスです。)だと聞き、いきなりメールしました。

それで、今更の告白なんですが、雄二さんの事がずっと好きでした。
でも、私は結婚していましたし、困惑させたくないと言う思いで声をかけないままになってしまいました。
じゃぁ何故メールをしたかと言うと、実は離婚したんです。先月ですが。
都合の良い考えは雄二さんを傷つけるとは思ったんですけど
8年間思い続けてたので…メールしたい衝動を抑えられませんでした。

雄二さんは生真面目で、素朴で、そんな雰囲気に惹かれました。
でも、当時の私は主人に不満もあってか、浮気したり遊びまくっていたので…。
雄二さんとは釣りあわないと思って押さえていました。
でも、雄二さんを好きな思いは今でも変わりません。
この人なら心から真剣に愛せるかなって。
当時は、どんなに真剣な気持ちでも不倫にしかなりえなかったのですが
今の私なら、受け入れてもらえるかと思って、勇気を出して告白します。

私の、8年間の思いを、真剣な気持ちを受けとってください。
私は引っ越してはいないので、以前と同じ501号室に住んでいます。
携帯はご存知無いはずですので、連絡頂けたら教えます。

お忙しいとは思いますけど、時間のある時でかまいませんのでお返事ください。
本心は早くお返事いただきたいのですが…。
心よりお待ちしていますね。

続きを読む
posted by みお at 23:06| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

最近

作品を撮りに行けないので

051103-009284.jpg


去年の久住から

久住の森に入るとこんな風景が延々と続きます。

同じものは二つと存しない とも言えるし
どれも同じに見える    とも言える

作品を撮り続けて行くと、どれも似たような作品ばかりになってくる
それが個性だと言えなくはないけれど、やはりマンネリじゃないか?
磨く作業と壊す作業。どちらも必要なんだと思います。
posted by みお at 02:48| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

新緑の久住へ

060514kuju-000770.jpg

 「もう、行けないかもしれない」昨年、足を悪くしたとき、マジでそう思いました。もっと早く行きたかったけれど、足のことを考えると行けませんでした。やっとのことでお昼頃に出発し、夕方に到着しました。

 この川を見つけたのは6年くらい前だと思います。なんとか降りれないかと降りれそうな場所を探しているときにヘビの姿を発見しました。人の背丈ほどの草を分けて進む場所なので、ヘタをすると命取りになる。冬になるのを待とうと決めました。12月から4月の始めまでの期間限定の楽園です。今回も降りれないかと降り口を探したのですが、草が深過ぎて足下が見えません。ニーハイのゴム長靴でも履いておりないと危険だと判断しました。


060514kuju-000764.jpg

 今まで降りていた場所の反対側の岸辺です。こちらは森を抜けて降りるのですが、森だけに草は少なくクモの巣と毛虫を我慢すれば降りれないわけではなさそうだと判断して降りて行ってみました。行けるものですね。行けないかもしれないと昨年思った場所だけに感動。でも夏場は入れない秘境になってしまうのでしょう。

続きを読む
posted by みお at 19:27| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

5連休も終わり...

足がちゃんとついております。(笑)

060507-000452.jpg


みおたんの足は、意外と長い?(ぷっ)続きを読む
posted by みお at 01:26| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

写真喫茶

060430-000603.jpg


針穴ワークショップ会場の門司生涯学習センター:第一研修室の窓からの眺め。写真喫茶って、一体なんでしょう?写真屋さんと喫茶店が合体しているのか?写真館兼喫茶店なのか?

気になって気になって、考えていると夜も眠れなくなりそう(笑)。
posted by みお at 06:26| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

ズミクロン神話を検証する?

R Summicron 50/2 と Planar 50/1.7の答えは上がプラナーで下がズミクロンです。どちらかをお持ちの方なら発色や階調の違いで当たったのではないでしょうか?プラナーに限らずツァイスレンズはわずかにアンバー系の発色傾向があります。ドイツ製と日本製で微妙に発色が違ったり、また年式によってもガラスやコーティングが変化していますので、ひとまとめに言えないのですけれどもね。ツァイスレンズの鮮やかさはこの発色傾向によるところが多いです。シャープさで比較するとこの中距離では優劣つけがたいレベルで、プラナーは50mmF1.4よりもF1.7を好まれる人も多いです。開放で比較するとまた面白いのですけれど、いつか思い出したときにでもということで。

060423sum50-000120.jpg

こちらはR Summicron 50/2 Canadaで撮った遠景(下は部分拡大)ですけれど、一般にデジタル一眼レフの遠景描写は甘くなりがちなのに、 これはかなり線が細いです。さすがズミクロン!

060423sum50-000138.jpg

藤のつぼみをF2.8で撮影。ボケも自然で全体に柔らかく写っていますが、渋すぎず派手すぎずといった発色ですね。

060423sum50-000152.jpg

でも渋いものはちゃんと渋く写るので、いわゆる万能レンズだと言えるでしょう。階調の柔らかさではツァイスが好きなのですけれど、それは暗室作業がやりやすかったりするからです。もちろん私のスタイルないし嗜好とかかわっていて、かちっとしたプリントが好きな人にはライカファンが多いですね。そういえば武田花さんも昔はライカRにズミクロン一本で埼玉の横町の猫を撮っていたなぁ(笑)。
posted by みお at 00:52| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

R Summicron 50/2 と Planar 50/1.7

060423p5017-000110.jpg

060423sum50-000105.jpg

どちらもEOS 5D 撮影条件や現像処理は共通です。
はて、どちらがズミクロン君でしょう。
posted by みお at 19:43| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。