2006年08月19日

デジタルによるモノクローム作品

060813-001472bw.jpg

 デジタルカメラで撮った作品をモノクロームに変換してレタッチする方法はいろいろとあるけれど私は暗室でやってきたことをフォトショップで置き換えています。暗室でのソフト処理や覆い焼き/焼き込み、調色、等々をデジタル処理でやるわけですが、RAW現像の段階であとの処理を考慮しておいたほうがきれいに上がります。無数の選択肢があるなかでの試行錯誤。仕上がりのイメージがすぐにわいてきて、スムーズに完成することもありますが、RAW現像からやり直すことも少なくありません。その日のうちにあがらないこともあります。映像を作品として完成させる作業は、その人の作風でもあるので、納得できるまでやり直すしかありません。こういったことは銀塩アナログと同じだと言えるでしょう。HOW TOだけの問題ではなくて、作家の感性の領域が残されていて、だからこそ面白いと考えています。
posted by みお at 12:55| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

フォトショップで三色分解フィルタ遊び

0605_286.jpg


これは連続撮影した3枚のカットをそれぞれRGBに分解してフォトショップで合成したものです。フィルム時代にも3色分解フィルタがケンコーから発売され、それを用いて多重露光するという試みがありましたが、それをデジタルでもやってみただけです。

駅前の人通りなんかでやった方が面白いかもしれないのですが、休日ににぎやかな場所に行くのが苦手なので、海でやってみました。

表現としてはこれもありだと考えますが、ひとつ間違うとフォトショップ依存症候群になってしまうかもしれません。フォトショップのご利用は計画的に(笑)。
posted by みお at 13:17| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

HDR

最近HDR(ハイダイナミックレンジ)が流行っています。
以前から知られていた技術なんですが、白飛びしやすいデジタルカメラの欠点を補完しようという試みです。

http://www.adobe.com/jp/products/photoshop/pscs2/nfh/page4.html


060520-000918.jpg


060520-000993.jpg

続きを読む
posted by みお at 06:49| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

赤の再現

060423sum50-000122.jpg



060423sum50-000125.jpg


こんなものかな。ひとつ間違うとハイビジョンみたいになりそう。
ソフトのご利用は計画的に....
posted by みお at 01:35| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

平尾台





野焼きのあとなので鍾乳石がくっきりと見えます。鍾乳石を撮るアマチュアカメラマンは北九州にもたくさんおられるようで、休日にはカメラマンのグループを見かけます。雑誌の月例でも時々入賞しているようですね。私が個展活動を始めた頃、お世話になったショップのオーナーもモノクロで鍾乳石を撮っていたそうです。戦後の混乱期に慶応法学部を出たのに、写真熱が高じて写真屋さんになったそうでドイツ製の引き伸ばし機や古いカメラがゴロゴロしておりました。オーナーは既に亡くなって、その奥様って、おばあちゃんがその店を引き続き経営しておりました。店の壁はギャラリーとして使えるように設計され、昔は写真展が開催されていたとのこと。私の2度目の個展は、この店を貸していただいたのを思い出します。お婆さんは、個展をやるような人がいなくなったと残念がっておられました。いつしか店もなくなり、北九州の写真文化にとっても寂しくなりました。

上の鍾乳石は、廉価版ズームの300mmで撮ったものです。F11まで絞れば安いズームもそこそこ写ります。私は上等な望遠レンズを持っていないのですが、というより普段の撮影には要らないのですが、こういう被写体を撮るときはちゃんとしたレンズが欲しくなりますね。コンタックスのバリオゾナー100-300が欲しいこの頃。

posted by みお at 21:47| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(1) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

裏門司の海岸にて



ND400フィルタをつけて30秒。曇り空のもと。こういった絵を狙うなら針穴が断然有利。EOS 5Dは長時間露光でもノイズは少ないのだけれど、フィルムの方が奇麗に撮れるのはなぜだろう。幻想的な絵をねつ造するなら、黄昏時や満月の夜にフィルムで撮るのが良いことはわかっているけれど、限られた時間で勝負しなければならないので、真っ昼間にNDを使ってみたりする。



いっそ、印画紙並みの感度の湿板写真でも始めようかな?紫外線にしか感光しないけれど。
posted by みお at 22:06| 福岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

デジタル処理

060404-009809_.jpg
クリック!


昨日のモノクロ版「椿」の原画はこちらです。スポット効果が出るようにシャドーを沈めてRAW現像したものです。これはこれで作品として成立するでしょう。

カメラはKiss D Nでレンズはタムロン28-300。土砂降りの雨の中、手持ち撮影。チープな組み合わせでも作品は撮れるものでしょ。

でも、なんだか造花のような気がしないでもありません。できすぎているというのでしょうか? このあたりは、好みの話なのでしょうね。
posted by みお at 22:06| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

海岸にて

060326dis3528-002316.jpg

060326dis3528-002248.jpg



こういった打ち上げられたものを撮るなら干潮時に海に行くべきです。それも早朝が良い。海に行くときは潮を調べておいた方がよいのですけれど、今回は外してしまいました。

060326dis3528-002297.jpg


060326dis3528-002315.jpg


打ち上げられたものはあまり撮れなかったけれど、そのかわりこんなものが撮れました。もちろん針穴カメラでも撮りましたが、NDフィルタを忘れたため、イマイチかな(笑)。
posted by みお at 00:38| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

フェンス

鐘崎の海岸にて フェンス

060326dis3528-002286.jpg

060326dis3528-002269.jpg

060326dis3528-002011.jpg

どれもクリックすると大きくなります。


形あるものは壊れる。
命あるものは死ぬ。

だから、創作したいと思う。
posted by みお at 00:03| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

良く写るということ

060204-009707.jpg
クリックで大きくなります


 下のコムラーレンズの作例と比べるとちゃんとした描写で、客観的な評価をすれば、こちらの方が高画質だということは間違いないでしょう。現行の高倍率ズームも条件が良ければ結構良い絵を吐き出します。そりゃツァイスやライカと比べてどうこうというレベルのお話ではありませんけれど。

 でも、コムラーの絵は昔の写真を見るような、懐かしいものを見るような、そんな気がするのですよね。もちろんコムラーは仕事写真にはまず使えませんけれど、プライベートな作品としてなら一向にかまわないわけで、その人の表現の意図にかなっていれば良いのだろうと思います。じゃあ何でもありなのか?ブロークンなのが良いのかと問われるなら、それがその表現の目的に照らして合理性と妥当性があるかどうかによって判断されるのではないかと考えたりします。

 アートとしての写真表現には無数の実現可能な選択肢があってよいし、実際あるわけですけれども、それらが必ずしも表現(作品)として成立するとは限らないでしょう。おっと写真論になってきたので、これくらいにします。書き出すと長くなるのと体系的な整合性を考えるとややこしい話になってくるからです。
posted by みお at 04:28| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

オリンパス製マグニファイヤーアイカップ ME-1が届きました

060204-009713.jpg

 今朝は雪が積もっていました。しかも冷たい風が吹き付けていました。小倉の日明港の釣り公園へ行ってみました。上のカットはKiss DNで撮ったもの。普通に良く撮れていますが、ピント合わせは格段と楽になっています。

060204komura3525-000745.jpg

 これが巷で噂のオリンパス製マグニファイヤーアイカップ ME-1。倍率1.2倍なのですが、画面が格段と見やすくなります。昨日届いたので、今日はテスト撮影をしてみました。ただし眼鏡をかけている人には覗きにくいだろうと思います。

060204komura3525-000743.jpg
クリックで大きくなります


 こちらはフルサイズデジタルで例のコムラーレンズ開放撮影テスト。これはトイカメラレベルの描写ですが、雰囲気は気に入っています。

060204komura3525-000740.jpg

 これもコムラーレンズ。当時売れなかったのは納得できますね。

追伸:足の方はだいぶ楽になっています。いまだピリピリと刺すような痛みと痺れ感、異物感はありますが、ジンジンと疼くような痛みは少なくなりました。今日は安いスニーカーも購入。スニーカーの方が足の負担は軽くなりますね。
posted by みお at 22:13| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

よい写真とは...

KICX0340.jpg


良い写真とはなんだろう。

高画質ってこと?
階調が豊富だと言うこと?

だったら大きな撮像素子(またはフィルム)、大画素数(または超微粒子)、優れたレンズがあれば良い。アンセル・アダムスやウイン・バロックの作品は、クオリティを抜きにしては語れないし、本当に素晴らしいと思う。

だけれど良い作品とはなんだろう。
クオリティだけで作品を語ることはできないはずで、ホルガや針穴が作品として成り立つ瞬間があるだろうと思う。上の作品はチープなコンデジで撮影したものでパープルフリンジが盛大に出ている。画質オタクたちからは非難を受けるかもしれないけれど、これもありだと思う。
posted by みお at 22:01| 福岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

赤いバケツ

051001kawatana-009067.jpg


漁港にて...

「なぜ撮ったんだ?」と聞かれると困ってしまうのですが、
奇麗だと思ったから。
アーティスティックだと思ったから。

説明はいらない。
言葉はいらない。
理由はいらない。
posted by みお at 23:06| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

落葉シリーズから(つづき)







いずれもコンシューマデジタルで撮ったものですが、周辺部の流れが多いものの、当たれば使えるものです。ニコンデジタルは画像処理が上手くなくて、どんくさいところもありますけれど、万人受けを狙った絵作りより好感がもてます。ただ3/4で8mpだと感度50が標準になってしまって、少しでも暗いとお手上げになることもあります。一眼を持ち歩けないときに重宝しています。
posted by みお at 23:52| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

落ち葉



雨上がりの公園にて、
舗道に落ち葉が落ちていた。
なぜかひとつひとつの葉っぱが幹から外れていた。
外れても元の姿を残していた。
美しいと思った。
posted by みお at 22:35| 福岡 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

中津にて 2






上の海岸の波が左右対称に押し寄せてくる絵は、ヘリから空撮したいものだと思いました。ラジコンヘリだと振動でぶれるでしょうね。下の絵は海岸の草薮と空です。久しぶりにキヤノンのDPPで現像してみましたが、恐ろしく遅いですね。操作性やコントロールの自由度も上がっているのに遅さが惜しいです。大量処理するときはC1proが便利ですし、フォトショップCS2も高いだけのことはあります。
posted by みお at 20:34| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

中津にて

_MG_0668bw.jpg


 大分県中津市は福沢諭吉を生んだ土地として有名ですが、街並には古い商家なども残っていて面白いところでもあります。いつもは久住や国東半島に行くために通り抜けるだけなのですが、10年ほど前に漁港や醤油工場の廃墟や廃墟化した高校の木造校舎などを撮ったこともあります。今日は、久しぶりに漁港のところに迷い込んで、少しだけ撮影しました。撮り歩いているうちに以前撮った場所にたどり着いて、なんだここだったのかと気づきました。上の作品は海岸近くで撮ったものですが、主役が多過ぎかなぁ。

_MG_0660.jpg


 こちらはいつもの干潟。モノクロームでよく撮っていたのですけれど、デジタルで撮っても銀塩風にレタッチしてしまう。銀塩を知らない世代と知っている世代でレタッチの仕方が変わってくるのだろうと思いますけれど、結果が出ればよしと考えています。
posted by みお at 01:34| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

Open!

Open!

 下にアップしたカットの別ショットです。ズームの17ミリ側でしたので樽型収差とパースを補正しています。パースの補正は一昔前までは大判カメラの技術だったのですが、デジタルで簡単にできるようになりました。ただし、画質の低下を伴います。普通のカメラでも引き伸ばしのときに印画紙を傾斜させて補正することができないわけではありませんが、こちらも画質の低下を伴います。そういえば人のスタイルを奇麗に見せるために引き伸ばしのときにこれをやったことがありました。デジタルでは縦に引っ張れば簡単ですね。バレないようにやりましょう。

 明日は大雪になりそうな予感。。。
posted by みお at 21:28| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

未だデジイチテスト中

 福岡/北九州は昨晩から氷点下の気温で吹雪いておりました。今日はしっかり雪が平野部に積もっています。私のマンションは旧国道沿いにあるので、クルマの交通量は多いのですけれども今日はチェーンをつけたバスしか走っていません。静かな朝です。都市高速や高速道路も通行規制がひかれているようです。

 次はレンズ/デジイチテストです。

051210-000085.jpg


 フォトショップCS2でパースを補正しています。デジイチで使える手持ちの超広角レンズはキヤノンの2.8Lだけですが、とりあえず超広角撮影ができるようになりました。APS-C専用のレンズは買いたくなかったので、今まで我慢してきたのですけれど。

051210-000081.jpg


 5Dの画像はAPS-Cのデジイチ画像よりモノクロのレタッチがしやすい気がするけれど、気のせいかな?まだ追い込んでいないので。

posted by みお at 09:50| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

再びプラナー50/1.7

051210p5017-000073.jpg

051210-000147.jpg


 今日は、日本中で冷えたようですが、ここ10日間ほど北九州の小倉南区では薄い雪化粧の朝を迎えております。日本海側の気候と大陸が近いことが気温を下げ強風も相まって、早朝にはバスのチェーンの音で目をさまします。こたつ猫生活が私の性に合っているようです。(笑)

 ところで上の2点、ひとつはプラナー50/1.7でもうひとつはタムロン28-75/2.8です。微妙にアングルが違うことと違う焦点距離で撮っていること、撮影時間も30分ほどずれていること(光源の角度が違うこと)等々の理由で解像度やボケなどを比較できる素材ではありませんが、発色やトーンの傾向はわかるかと思います。

 そこで問題です。タムロンレンズで撮ったカットはどちらでしょう?
続きを読む
posted by みお at 22:37| 福岡 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | デジタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。